「あざける」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あざける[動詞]
茅野雄はあざける  彼をあざける  名をあざける  浮橋もあざける  次郎左衛門はあざける  チャックは笑いながら、あざける  とき老人はあざける  首をちぢめて、あざける  兄弟があざける  彼女らをあざける  声であざける  彼女はにっとあざける  上から弱虫とあざける  ような、あざける  わたくしをあざける  亀吉はあざける  経験をあざける  船列はあざける  顔を見合わせて、あざける  ものでもないのにと、あざける  人をあざける  千枝松はあざける  頼長はあざける  智をあざける  上臈はあざける  島さんはあざける  大使は、あざける  下で、あざける  太郎はまた、あざける  意地のわるい、あざける  自分をあざける  彼はうそぶき、あざける  老婆は、いささかあざける  二人をあざける  われを指さしあざける  小さな運命をあざける  心をあざける  健全さをあざける  此至情をあざける  おのれをあざける  馬田はあざける  馬田のあざける  それはあざける  荒田老は、あざける  無抵抗をあざける  アとあざける  男はあざける  わたしはあざける  師直はあざける  カアルはあざける  



前後の言葉をピックアップ
嘲っ  あざけら  嘲ら  あざけり  嘲り  嘲る  嘲れ  嘲ろ  あざとい  あざとく


動詞をランダムでピックアップ
めりこまそらそ引っ担いうちころさ組ま動かすたちわら轢いおしひらい捧げるしみる住み替え引き起こさ突っきっ飛び出せのめりあてこん届けるさしゃ消せよ
形容詞をランダムでピックアップ
疑わしくおくゆかしいすくなしかうばまずくいとわしき下らなかっ罪ぶか酷しくみにくしまばゆかっ見苦しいたか難しゅう易しくっすがすがしく名だか冷たけれうらめし