「あこがれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あこがれ[動詞]
あてもなくあこがれ  方へあこがれ  映画俳優をあこがれ  彼にはあこがれ  ようにあこがれ  これにあこがれ  面をあこがれ  窓にあこがれ  自由にあこがれ  人類が長くあこがれ  春にあこがれ  人から聞いて一応はあこがれ  革命にあこがれ  天地にあこがれ  私はあこがれ  八橋にあこがれ  世界にあこがれ  生活をあこがれ  家庭生活をあこがれ  生活にあこがれ  婦人があこがれ  強引にあこがれ  山にあこがれ  さにあこがれ  長平さんにあこがれ  砂浜にあこがれ  慰撫をことさらにあこがれ  空をあこがれ  海女にあこがれ  光にあこがれ  流派にあこがれ  彼のあこがれ  空にあこがれ  悩みにあこがれ  これが見たい見たいとあこがれ  わたしがあこがれ  ロスト・ワールドにあこがれ  感情にあこがれ  人間男女をあこがれ  西にあこがれ  ものにあこがれ  この世で聞こうとあこがれ  私のあこがれ  生命にあこがれ  白骨谷に、こうまであこがれ  人が、絶えずあこがれ  画工にあこがれ  東京にあこがれ  実景にあこがれ  音色にあこがれ  落伍者にあこがれ  ところにあこがれ  小説家などにあこがれ  鶴子をあこがれ  街をあこがれ  少女とをあこがれ  都会そのものにあこがれ  餌食にあこがれ  名にあこがれ  ますます父にあこがれ  どこかへあこがれ  ためにほしいとあこがれ  幸福にあこがれ  それ以来今日まで狂おしくあこがれ  天国へはいりたいとあこがれ  ものだろうと、いつもあこがれ  天をあこがれ  心わすれてあこがれ  ひかりにあこがれ  いずれもあこがれ  唯ひと筋にあこがれ  国とぞあこがれ  ほうへあこがれ  襖をかりて、あをかりしより思ひそめてき、とあこがれ  都会にあこがれ  理想の女にあこがれ  それらへあこがれ  街である巴里にあこがれ  やうにあこがれ  放浪生活にあこがれ  秩序をこそあこがれ  ギリシャをあこがれ  母をあこがれ  通りをあこがれ  曾ては深くあこがれ  みんながあこがれ  フリーダだけにあこがれ  それのみにあこがれ  夢にあこがれ  影にあこがれ  あとにあこがれ  姿にあこがれ  京都をあこがれ  大女王にあこがれ  美名にあこがれ  幻影にあこがれ  航海にあこがれ  燈火にあこがれ  何にあこがれ  ことにのみあこがれ  人工心臓にあこがれ  外にあこがれ  潮風が強く吹いていて、あんなにあこがれ  さをあこがれ  不幸にあこがれ  武門にあこがれ  幸運にあこがれ  生活様式にあこがれ  

名詞

あこがれ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あこがれを科学の力で実現してみようとした  あこがれをもって居た  あこがれが非常識に目立って  あこがれが胸の中におのずから湧いてくる  あこがれの土地を踏み  あこがれをそそられて  あこがれを持ち始めました  あこがれは世のつねのものよりもみなひときわ奥の方へと深まっている  あこがれでもあった  あこがれ出て行く  あこがれを丁寧に訓戒し  あこがれがある  あこがれであった大統一への歩みを進めつつある  あこがれを覚えさせた  あこがれを感じたりする  あこがれの舞台が踏めるという  あこがれだと思う  あこがれだけがずんずん募って行って  あこがれを納得させるだけでも  あこがれの北極頂点に達した  あこがれに気が付いた  あこがれのエルサレムに向い  あこがれの多いような光君の言葉をものぐるおしい人の言葉とは思えなかった  あこがれと愛情がこもっていて  あこがれを感じさせます  あこがれのただよって居る  あこがれきつたいのちをみる  あこがれもとめて  あこがれの二条の白線の帽子を地に投げすて  あこがれを寄せた  あこがれなどというけれども  あこがれが綺麗さっぱりと洗われてしまっているのに  あこがれの情をよせる  あこがれの情をよせてゐる  あこがれを抱いて  あこがれを呼び起す  あこがれにみたされてゐる  あこがれの的となった  あこがれを持ちながら  あこがれの的が二つあった  あこがれはしなかった  あこがれをいつごろからか持ち始めて居た  あこがれをもつて  あこがれは空に冬すぎ春来て暮す  アコガレが現実のものになる  アコガレの対象とあった  アコガレを現実的に支える  あこがれを抱きはじめた  あこがれの子など孕まずに  あこがれを満足させるにとどまって  あこがれの夢とが不思議な縁故で結びついてしまった  あこがれを意味している  あこがれを感じさせる  あこがれのある  アコガレがその一店に集中するという  あこがれを寄せる  あこがれに堪へなかつた  あこがれ求めて旅に出た  あこがれの心を禁じ得なかった  あこがれを捧げて  あこがれがあって  あこがれに終らせてはいけない  あこがれ渡る釣人の涙は頬に流るれど  あこがれを持っている  あこがれの人の影像をさぐり合っていた  あこがれを持たしめてしまった  あこがれの程度を想い知る  あこがれを呼びさまされて  あこがれもせずに  あこがれを生ぬるいものにして  あこがれの旅枕の夢をおい  あこがれに堪えられないらしい  あこがれが拙者を導きまして  あこがれの英雄の本場に来り  あこがれの宋の医王山に御参詣なさる  あこがれの的になった  あこがれの都に出て  あこがれとなっていたとみえて  あこがれの心をそそられた  あこがれの心が高まらなかった  あこがれが泉のように私の胸に湧いていた  あこがれは皆の心にあり  あこがれはこの霧の海を発見させた  あこがれを感ぜずにはゐられなかつたので  あこがれの狩野永徳にも見参ができるし  あこがれと惱みに  あこがれの別府の土地を見てから死にたいと  あこがれを持ち  あこがれとでも云ふのでせうか  あこがれの東京に出てきた  アコガレを胸に死ぬといへば  あこがれをまどろむ  あこがれを持っていた  あこがれを多く持っていながら  あこがれだけは念頭から去らなかった  あこがれが今またこの人の心を哀れにさせた  あこがれの心はそれにも消されなかった  あこがれがさめた  あこがれを持たない  あこがれを持つてゐるといふ  あこがれの瞳をなぶりて  あこがれが欠けてゐる  あこがれのヨーロッパ旅行をして  あこがれかもしれなかったが  あこがれの或るものかひかり野にすと思ふに消えぬ  あこがれのこころをもって  あこがれにも似た  アコガレを持っていた  あこがれに胸をときめかした  あこがれが心を爛らせる  あこがれが鞭もて死をば追ひ行くごとし  あこがれがうずいている  あこがれのてりかえしであると思える  あこがれがひそめられている  あこがれのこころを寄せていた  アコガレをよせていたが  あこがれを追う  あこがれは充分もつてゐる  あこがれのもつ  あこがれを懐いてゐた  あこがれといふものの極るところはいつたい  あこがれは知つてゐる  あこがれをいだいて生きてゆく  あこがれの画を隅々まではっきりと示しました  あこがれに向って  あこがれに燃える  あこがれ望んでいながら  アコガレをよせてゐるいづれも  あこがれもとめ  あこがれによって誘惑しようとした  あこがれとして表現されている  あこがれの瞳をよせる  あこがれをかき立てていた  あこがれ乃至信念としてはそれは文藝復興期以來到る  あこがれだけで終る  あこがれの芸術家の生活をはじめる  

~ あこがれ[名詞]1
人種のあこがれを  人間のあこがれの  私達のあこがれの  神秘に対するあこがれが  ものへのあこがれが  心のあこがれを  天使的なるあこがれが  趣味やあこがれは  米のあこがれでも  町へあこがれ  都会へのあこがれを  われわれのあこがれが  共通のあこがれ  正義に対するあこがれと  人類数千年のあこがれ  幸福のあこがれを  それがあこがれの  到来してあこがれの  都会のあこがれ  民衆へのあこがれという  倫理的なあこがれ  赫いてゐるあこがれに  肉親にたいするあこがれと  哀しみのまじったあこがれを  私のあこがれの  大変今日はあこがれが  なににあこがれも  非常にあこがれを  ものへのあこがれ  さとりへのあこがれなどと  程のあこがれが  一つのアコガレ  私のアコガレの  ひそかなあこがれの  浪漫的なあこがれを  味覚にあこがれを  わたしのあこがれは  都会をあこがれは  爽やかに斬られてみたいあこがれを  地にあこがれは  誰かがアコガレの  他人のアコガレを  生活にあこがれを  軽薄なあこがれの  自分のあこがれを  西洋へのあこがれの  青年はあこがれの  イデヤへのあこがれを  イデヤに対するあこがれ  燕どものあこがれの  縹渺たるあこがれを  名流婦人のアコガレが  絃歌に対するあこがれに  かぎりのあこがれを  無限のあこがれが  知識のあこがれが  閑人のあこがれに  浮身をやつすほどのあこがれを  山岳のあこがれを  生母へのあこがれを  見物があこがれの  自然へのあこがれでも  拙者道庵のあこがれの  幼少時代よりのあこがれが  幼少よりあこがれの  国民のアコガレなどとは  さまざまのあこがれの  好学とあこがれの  私にはあこがれの  恋を思うあこがれが  海へのあこがれは  一種のあこがれを  村娘のあこがれの  相当のあこがれを  子供心のあこがれとでも  我々のアコガレ  死出のあこがれが  胸さわぐあこがれを  生活ぶりにあこがれを  出家のあこがれを  のであろうかというあこがれだけは  日からのあこがれが  故人へのあこがれが  地形にあこがれを  自分もあこがれの  未知へのあこがれかも  永遠のあこがれで  間のあこがれ  美耶子のあこがれの  女の子はあこがれの  素朴なアコガレを  頃にあこがれに  都会生活に対するあこがれが  童に似たるあこがれが  空想とあこがれが  男性へのあこがれの  建築家としてのあこがれが  ふだんからあこがれの  かぎりないあこがれの  都会にアコガレを  恋のあこがれだけ  山のあこがれは  希望とあこがれに  ひそかにアコガレを  欲情のあこがれによって  感覚に迫ったあこがれとして  貪婪なあこがれを  昔からのあこがれ  感情としてあこがれ  迷信的なあこがれ  彼等があこがれの  刺戟へのあこがれだけで  理想やあこがれを  

~ あこがれ[名詞]2
はげしいあこがれ  かねてあこがれ  そのあこがれ  強いあこがれ  せめてあこがれ  愈あこがれ  涙ぐましいあこがれ  あのあこがれ  漠然たるあこがれ  たんなるあこがれ  ないあこがれ  我があこがれ  特にあこがれ  にくいあこがれ  単にあこがれ  怪しいあこがれ  わがあこがれ  はかないあこがれ  そのアコガレ  いとしいあこがれ  

複合名詞
宗教的あこがれ  あこがれ努力  あこがれ歌ふよ  人間的あこがれ  当時あこがれ  アコガレ的  あこがれ給  あこがれ心  蓮胤日頃あこがれ  昨夜あこがれ  私あこがれ候心もち  ひとつあこがれ  二十年前あこがれ  あこがれ迷  あこがれ歎いたこ  



前後の言葉をピックアップ
アコウディオン  赤海  あこう鯛  憬れ  憧れれ  憧れ  あこがれ  あこがれよ  あこがれる  憬れる


動詞をランダムでピックアップ
よびだせ凋も眠らせろとりちらさ追い込めるやききっ浮びあがろ銘ぜ起あがっ抓み競い合い抱き込も踏みしだい滑り降り治るこじる遺し関わっ表わさ
形容詞をランダムでピックアップ
広いすけないかつし黄色みすぼらしうとう手堅く有り難から気持ちいい危うから寝苦しい小賢しく生じろ寒かっ愚かしけれあしく邪魔くさい騒騒しく固いうら若けれ