「あきれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あきれ[動詞]
医師はあきれ  何時かあきれ  僕は、あきれ  チビ公はあきれ  妻はあきれ  低級にあきれ  千三はあきれ  虚偽残酷にあきれ  からすはあきれ  行動にあきれ  佐藤氏はあきれ  そいつは全くあきれ  感心し、かつ、あきれ  から、さあ、あきれ  クーパーはあきれ  ジム水兵は、あきれ  あたし、あきれ  鈍重さとにあきれ  僕はあきれ  これにはおどろき、かつあきれ  何というあきれ  卑怯なのにあきれ  母親はあきれ  法然もあきれ  さにあきれ  三等品なのだから、あきれ  発見して、あきれ  二人はあきれ  女はあきれ  言葉には、さすがにあきれ  豹一はあきれ  業者もあきれ  言葉にあきれ  多鶴子はあきれ  ホモイはあきれ  周はあきれ  ことぜんたいに対してあきれ  仲人はあきれ  勝手元であきれ  方だと、あきれ  吾ながらあきれ  太陽は、あきれ  ことに、聊かあきれ  くせに、聞いてあきれ  綱はあきれ  きり万吉はただあきれ  下手糞なので、あきれ  のかと、あきれ  私はいささかあきれ  面構えにあきれ  母親は、あきれ  私はあきれ  男はあきれ  助も、あきれ  暴言にあきれ  吉が、あきれ  老人が、あきれ  おはもじ面が聞いてあきれ  お久良はよろめくばかりあきれ  嘉吉にあきれ  一歩、あきれ  のにあきれ  これにはあきれ  蛙である俺は、あきれ  落第するとは、あきれ  格構だらう、あきれ  そっちへ出て行ってあきれ  顔一面にひるがえる、あきれ  犬好きも、実にあきれ  岩はあきれ  親があきれ  やうにいへば、あきれ  高はあきれ  一人が、あきれ  のにはあきれ  私は、あきれ  のか、あきれ  二十回以上も、まあ、とあきれ  皆はあきれ  サト子は、あきれ  ことを言って、あきれ  出来事に驚きあきれ  のんき者にはあきれ  吉乃の、あきれ  ますのにあきれ  ハハハハこいつはあきれ  声の出るにあきれ  皆さん、あきれ  千二は、あきれ  掛長は、あきれ  まん中に立って、あきれ  腕ぐみをして、あきれ  戸口を、あきれ  話に、あきれ  有様を見て、あきれ  松田もあきれ  説教が聞いてあきれ  発見して、少なからずあきれ  まめさにあきれ  冷淡さにあきれ  好奇なあきれ  矛盾にあきれ  倉地はあきれ  馮習はあきれ  仰山なあきれ  頃、つくづくあきれ  イエスもあきれ  ほうであきれ  おれは、世にもあきれ  ことにあきれ  正吉は、おどろき、そしてあきれ  息気をつめて、泣きやんで、あきれ  葉子はあきれ  自分にあきれ  むなしさにあきれ  岡はあきれ  今さらおあきれ  前に、あきれ  梁もあきれ  わたしはもうあきれ  内海真帆子は、あきれ  此はあきれ  三毛はあきれ  祖母様はあきれ  粗雑さにあきれ  木村さんはあきれ  王老師は、あきれ  悪党にあきれ  君にもあきれ  平靖号にあきれ  おしげは少しあきれ  青年は、あきれ  何もかもが変ったので、一寸、あきれ  職工は、あきれ  顔を見合わせてあきれ  神様は、あきれ  ここには、あきれ  非難を通り越して、あきれ  今さらポカンとしてあきれ  ように少しあきれ  わたしはあきれ  豊吉はあきれ  藤村は、あきれ  次第に驚きあきれ  のかあきれ  OLaLaとあきれ  おれもあきれ  のには、一層あきれ  微笑させられたが、同時にあきれ  ものか、とむしろあきれ  私にあきれ  成長にあきれ  傍若無人なのにあきれ  動物をみて、しばらくあきれ  おばあさんだとあきれ  秋作氏は、あきれ  一等運転士はあきれ  スミ枝は、あきれ  帰らないんですよ、あきれ  事だから、あきれ  高部がキッと見て、暫くあきれ  これはとあきれ  石子も只あきれ  我ながらあきれ  支倉はあきれ  罪状を聞かされて、只あきれ  子孫連中があきれ  直義は、あきれ  そなたも、あきれ  婆娑羅には、あきれ  嘘だとあきれ  妙達は、あきれ  右馬介はあきれ  姉はあきれ  流れをあきれ  マルタンも、あきれ  コレハとあきれ  末が恐ろしい、とあきれ  主膳はそのあきれ  六波羅探題もあきれ  少年は、あきれ  娘さんにもあきれ  乱暴さにあきれ  私もあきれ  角はあきれ  絹もあきれ  夫人に今更あきれ  闇に、少々あきれ  直義はあきれ  刑事も、あきれ  検事があきれ  添はず只あきれ  軍旗かと、あきれ  何をあきれ  彼もあきれ  銀様が、あきれ  湖だと思って、あきれ  誇張したあきれ  義貞はあきれ  露子はあきれ  辻村氏があきれ  さに、唯もう、あきれ  大へんなあきれ  ラジオとは、あきれ  寄るべなく、只あきれにあきれ  二人はしばらくあきれ  ブドリたちがあきれ  ブドリがいよいよあきれ  流石にあきれ  人達とはあきれ  從を驚きあきれ  近所合壁から大人までが飛び出して来て、あきれ  何てまあ、あきれ  野村はあきれ  河豚がかかるのであきれ  クリストフはあきれ  驅けつけたが、あきれ  何うもあきれ  貴公子たちはあきれ  彼らはいつも驚きあきれ  なつたら、あきれ  解釈すべきであろうとあきれ  闖入者にあきれ  なんだって、まああきれ  宮があまりにもあきれ  ことであるとあきれ  から、あきれ  自身であきれ  女御はあきれ  目にあってただあきれ  怪人は、あきれ  夕霧はあきれ  闖入者に驚きあきれ  夫人はあきれ  鈍感というか、あきれ  それをあきれ  東助があきれ  自分でもあきれ  ヤット事情がのみこめて、あきれ  顔をして、或はあきれ  隊長はあきれ  せみはあきれ  それがあきれ  マア、ほんとに、あきれ  手を引っこめて、あきれ  お婆さんのあきれ  馬鹿にも、あきれ  駒ちゃんは、あきれ  久助はあきれ  やれやれ、あきれ  花をむしりながら、あきれ  素子があきれ  達者なるにあきれ  あなた、あきれ  士官、あきれ  女将は一寸あきれ  母は、あきれ  お前は、あきれ  傍で、あきれ  一同があきれ  豪啖に悉くあきれ  近藤日出造氏もあきれ  因循にあきれ  春夫は、あきれ  ものだと、あきれ  ちりとりもあきれ  信子はあきれ  野口の子供たちは、あきれ  自分ながらあきれ  文次があきれ  一二度試みてあきれ  目出たさにはあきれ  窕子はあきれ  オヤオヤマアどうもあきれ  マアどうも実にあきれ  母はあきれ  木精もあきれ  ことに、あきれ  アとあきれ  俊亮も、少しあきれ  結果に、ただあきれ  健在にさえあきれ  官もあきれ  お父さんは、もう、こんなあきれ  子供があきれ  そうににらんで、あきれ  祇園藤次は、あきれ  ケント兵曹は、あきれ  ケント兵曹はあきれ  次郎は、あきれ  彼はあきれ  次郎もさすがにあきれ  次郎は、それで、またあきれ  非常識には全くあきれ  眼を見ひらいて、あきれ  けが、あきれ  次郎はあきれ  松本はあきれ  感心するより、むしろあきれ  転落を、あきれ  ケンプ博士はあきれ  大河は、あきれ  さ加減にあきれ  執拗さにあきれ  千ちゃんはあきれ  千ちゃんは、あきれ  てゐたんだね、あきれ  やうなあきれ  おらただあきれ  君はあきれ  おじいさんもあきれ  道子はつくづくあきれ  独り両親があきれ  気早にゃ少しあきれ  木崎もあきれ  陽子はあきれ  いかほど伝六にあきれ  さんが聞いてあきれ  ことにしたって、あきれ  こっちへつけろが聞いてあきれ  ことのできぬとは、実にあきれ  いくら非番だからって、あきれ  貢がきいてあきれ  江戸っ子がきいてあきれ  かい、あきれ  しみったれになるが聞いてあきれ  親が聞いてあきれ  んだが、ちっとあきれ  ご用が聞いてあきれ  浅草だろうと思われたのに、あきれ  神罰がきいてあきれ  不審のかどありが聞いてあきれ  奴だ、あきれ  何を見ても、おどろきあきれ  風で、もうあきれ  空虚さにあきれ  ものだとあきれ  みんなは、あきれ  でたらめにはあきれ  主人はあきれ  意気地なしにはあきれ  くせに、あきれ  から郵便屋さんもあきれ  ニーナは、あきれ  悪党もあきれ  一驚を喫して、あきれ  棚板をあきれ  新三郎はあきれ  マイダスはすこしあきれ  つまみ菜ってあるでしょうか、あきれ  こいつあ、あきれ  みんなが、あきれ  至つてはあきれ  先生はあきれ  人々は、あきれ  びっくりし、あきれ  吉次はあきれ  様子に、さすがあきれ  わけもわからず驚きあきれ  九太夫はあきれ  公卿輩はあきれ  関もあきれ  妹なるはあきれ  われはあきれ  跡を見たもうてあきれ  人人は、あきれ  独り言をいいながら、ただあきれ  抵抗力にあきれ  わずらはせて、ほんとにあきれ  例外なくあきれ  女は、あきれ  こいつ、あきれ  三根夫はあきれ  



前後の言葉をピックアップ
飽きれ  惘れ  呆れ  呆れかえる  アキレ  アキレウス  呆れ返  呆れかえっ  呆れ返っ  あきれかえっ


動詞をランダムでピックアップ
立ち会わ暮らせよ立まじる打合せるほりださあゆもたちはだかっしかれ焼き付く汲み取苛もおし黙っ持込んおし暴れれほめちぎいましめるかたよ彫れ
形容詞をランダムでピックアップ
根強面倒くさくっ煩くなつかしけうとき永かっ見ようたくましく気障っぽいぎこちなくよんどころ無し緩く喜ばしくっ大層らしくうらやまし烈しつれなき虚しい大きからなれなれしゅう