「あきらめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あきらめ[動詞]
者だとあきらめ  補修もあきらめ  すべてをほぼあきらめ  お母さんは、ぶつぶつ言いながらも、あきらめ  姉さんをあきらめ  それから何もかもあきらめ  何もいわずに、あきらめ  のですが、遂にあきらめ  ことをあきらめ  ことがまだあきらめ  これまでとあきらめ  子は、最早あきらめ  悟りをあきらめ  今度はあきらめ  ことをまったくあきらめ  気軽にあきらめ  博士は、あきらめ  話だとあきらめ  事とあきらめ  手紙をあきらめ  口はあきらめ  営業不成績をあきらめ  父をあきらめ  それっきり絵をあきらめ  義理をあきらめ  不運とあきらめ  駄目とあきらめ  僕はとっくにあきらめ  心持ちをあきらめ  みな捨てて、あきらめるにも、あきらめ  歓楽はあきらめ  私にはどうしてもあきらめ  ところとあきらめ  ことはあきらめ  綱わたりをあきらめ  彼女はあきらめ  学士はあきらめ  灯を見たかったけれど、あきらめ  何度も思いあきらめ  知ってるが、どうしてもあきらめ  彼はあきらめ  もの思ひ出にして、あきらめ  因縁だとおあきらめ  彼女があきらめ  ような、あるいはあきらめ  今ではあきらめ  重荷とあきらめ  絆もあきらめ  ことだからとあきらめ  自分のあきらめ  んだから、あきらめ  老人はあきらめ  手がないとあきらめ  中平もあきらめ  うちに段々あきらめ  女房はあきらめ  彼女ほどには、あきらめ  夢とあきらめ  龍之介はあきらめ  自画像執筆はとうにあきらめ  彼女にあきらめ  性質としてあきらめ  君のことはあきらめ  筋はねえ、もう、あきらめ  なかったが、あきらめ  災難とあきらめ  因縁だとあきらめ  これを持って、あきらめ  災難だとあきらめ  音なしくあきらめ  米があきらめ  山々を眺めて、さてあきらめ  佐渡をあきらめ  性でないとあきらめ  のだとあきらめ  仕方が無いとあきらめ  合はぬとあきらめ  顔もあげずにあきらめ  希求はあきらめ  かにもあきらめ  事で御あきらめ  登山をあきらめ  わたしはあきらめ  ものと、あきらめ  宿命をあきらめ  ことで、要するにあきらめ  呪いがあるにしても、同時にあきらめ  われわれはあきらめ  別人があきらめ  彼もあきらめ  縁とあきらめ  縁とおあきらめ  浦島太郎は、いくぶん、あきらめ  里村はもうあきらめ  悲喜を殺し、あきらめ  たよりのない、あきらめ  母君はふるえた、でもあきらめ  事実だけは、どうしてもあきらめ  違ひないとあきらめ  それをあきらめ  ぎてしまつたことは、あきらめ  治六もあきらめ  おまえをあきらめ  先生も、あきらめ  穂吉さんももうあきらめ  ぢゃと、よくあきらめ  のじゃと、よくあきらめ  孤独をあきらめ  漁船は、まだ、あきらめ  おいでくださらないだろうと、あきらめ  はずがないと思って、あきらめ  サト子はあきらめ  結婚したがっていたけど、もう、あきらめ  気が附いてあきらめ  ごとにあきらめ  私はあきらめ  良人をまるであきらめ  私は、あきらめ  郷を、あきらめ  ものだとあきらめ  のだと、あきらめ  そこに居るが、到頭あきらめ  ものとあきらめ  ことはもうあきらめ  無意識的にあきらめ  博士はあきらめ  番人たちも、もう、あきらめ  ことは、あきらめ  計画をあきらめ  最低のつつましい、あきらめ  ロマンスをあきらめ  さにしくしく泣いていましたがやっとあきらめ  のだが、まあ、あきらめ  入浴をあきらめ  所以だとあきらめ  張任があきらめ  ドイツ行きをあきらめ  私服がそう言ってあきらめ  きれいにぬぐい去って、あきらめ  事はできないとあきらめ  呉では超然とあきらめ  青木はあきらめ  礼子はあきらめ  仕方がないな、と、あきらめ  二は、あきらめ  青木もあきらめ  礼子も思いきりよくあきらめ  根気にあきらめ  礼子もあきらめ  彼にもあきらめ  立侯補をあきらめ  こともあきらめ  手でおさえて、あきらめ  因果とあきらめ  途端に、あきらめ  ことをいってあきらめ  夜襲をあきらめ  兄は、あきらめ  薬はないとあきらめ  難儀をかけずには済まぬとあきらめ  むだだとあきらめ  もんだとさっぱりあきらめ  樂觀するにせよ、已にあきらめ  禍惡をあきらめ  家出をあきらめ  仕方がないとあきらめ  素直にあきらめ  気をかえ、あきらめ  のもあきらめ  担任区域以外とあきらめ  追跡をあきらめ  運命をあきらめ  わたしにはどうしてもあきらめ  のを黙ってあきらめ  昔とあきらめ  蛇でもあきらめ  おまえがあきらめ  容易にはあきらめ  女はあきらめ  ことであきらめ  湯尻へ落としてあきらめ  それよりかあきらめ  猫はあきらめ  さうもないので、あきらめ  廊下見物をあきらめ  相談であるとしてあきらめ  人だけはあきらめ  ものをあきらめ  旅をあきらめ  男はようやくあきらめ  日はあきらめ  妻をあきらめ  不注意とあきらめ  なかったそうですが、あきらめ  海女村探訪をあきらめ  真珠もあきらめ  情婦が出来るとあきらめ  のだろうとあきらめ  なにかいいかけたが、あきらめ  あたしはあきらめ  一人だと思えばあきらめ  ハガアスさんはあきらめ  三主題はあきらめ  そいつはあきらめ  自分をあきらめ  心柄とあきらめ  浮世なりやこそあきらめ  結局それをあきらめ  ことにしようとあきらめ  急にあきらめ  縱令忍ぶべしとあきらめ  のは、あきらめ  太刀川も、ついにあきらめ  リーロフ大佐は、それでもあきらめ  創作はあきらめ  僕あね、あきらめ  方はあきらめ  ふた親がもう出て来ないだろうとあきらめ  ドルスはあきらめ  犬はあきらめ  いまはなにもかもあきらめ  寿命すらも、まずはむつかしいとあきらめ  其処まであきらめ  らであきらめ  私もあきらめ  運命とあきらめ  のがあきらめ  彼も、あきらめ  ルパンはもうあきらめ  ボートルレはあきらめ  浮き世とあきらめ  何うしてもあきらめ  磯もあきらめ  素直に、あきらめ  私、あきらめ  林之助を、あきらめ  望みもあきらめ  のもみっともないとあきらめ  見送っていましたが、やがて、あきらめ  使もやって来ないから、もうあきらめ  キャラコさんが、あきらめ  のだろうと思って、あきらめ  ボク、もう、いいの、あきらめ  から、あきらめ  おれは、まだ、あきらめ  後、とうとうあきらめ  犠牲だとあきらめ  女は、あきらめ  結婚を思いあきらめ  部隊長から奥さまへ、或いはあきらめ  海をちらと見ただけで、あきらめ  直義は、あきらめ  尼御前、せっかくであったが、あきらめ  浅田はあきらめ  いく日も、あきらめ  久美子はあきらめ  娘ではないとあきらめ  のをあきらめ  笠井さんも、あきらめ  母もとうとうあきらめ  結婚はあきらめ  玉太郎はあきらめ  発心にて、どうか思いあきらめ  取柄もないとあきらめ  道誉はあきらめ  不可能だとあきらめ  うちは呼んでみたけれども、ほどなくあきらめ  背を睨んでいたが、あきらめ  こととあきらめ  事成らずとあきらめ  一命はあきらめ  私たちもあきらめ  いた事でしたので、あきらめ  小学校の子供たちまであきらめ  子供たちにすらあきらめ  火勢を加える足しにならないとあきらめ  与八にも、必ずしもどうでもいいとは、あきらめ  物を早くあきらめ  わたくしももうあきらめ  医者はそれでもあきらめ  詮方なしとあきらめ  ものと思いあきらめ  漁師共もあきらめ  そっぽを向いたが、無論あきらめ  何かぶつぶつ言っていたが、あきらめ  それだからとて、あきらめ  みんな運命だとあきらめ  のを見ては、もうあきらめ  事はあきらめ  さんがどうしてもあきらめ  さんがあきらめ  すべてをあきらめ  事は、解って、あきらめ  怪人物をあきらめ  通話はあきらめ  ひそかにあきらめ  懐柔策をあきらめ  これまでと、おあきらめ  辺であきらめ  ままではあきらめ  幸福などは、すっかりあきらめ  利兵衛はまだあきらめ  山城屋でもあきらめ  母さんももうあきらめ  七はあきらめ  者は、あきらめ  生れ損いとあきらめ  わずらいと一旦はあきらめ  喜平も一旦はあきらめ  協力もあきらめ  ふたりはあきらめ  ほかはないとあきらめ  米友は、あきらめ  一人であきらめ  者としてあきらめ  悟り且つあきらめ  世とあきらめてはいるが、それでも、悲しくてあきらめ  万事、思ひあきらめ  手離し難かるを、やうやうに思ひあきらめ  三太夫もござるまいとあきらめ  際限がないとあきらめ  青年は、諦めても、あきらめ  生死をあきらめ  夢とは思えない、あきらめ  りっぱにあきらめ  諦らめられぬとあきらめ  ような、あきらめ  実あきらめられず、あきらめ  ことによって、あきらめ  自分、あきらめ  釈尊があきらめ  四つのあきらめ  ほんとうに人生をあきらめ  価値をあきらめ  主張というよりも、あきらめ  それはあきらめ  ペテンにかけたり、あきらめ  実隆もいよいよあきらめ  恋とあきらめ  仕方なく、あきらめ  畑仕事はあきらめ  私には、あきらめ  満足して、あきらめ  本人はあきらめても、あきらめ  倉田をあきらめ  志をあきらめ  遊学をあきらめ  彼らは、そういって、あきらめ  今はあきらめ  運不運だなんておとなしくあきらめ  詮方無しとあきらめ  涙ながらにあきらめ  天命いたし方がないによってあきらめるが、あきらめ  からね、せっかくだが、あきらめ  それ以上理屈は通らぬとあきらめ  彼女はいかにあきらめ  げにあきらめ  底に秘めて、あきらめ  ままにあきらめ  ここに至って、あきらめ  つて、あきらめ  セーターはあきらめ  外にとび出すが、やがて、あきらめ  京山はなおもあきらめ  俺はもうあきらめ  貴様もあきらめ  方があきらめ  逃走をあきらめ  これだけでも、大抵あきらめ  茂太郎はあきらめ  源一はあきらめ  是非なしと、あきらめ  相談とあきらめ  寿命とあきらめ  微笑を浮かべながらあきらめ  何ごともあきらめ  君をあきらめ  走井見物を思いあきらめ  以て、あきらめ  ためにあきらめ  気でいますが、まあ悲しい、こんなにまであきらめ  げなあきらめ  聴衆のあきらめ  つぎにはあきらめ  自分などはこう取り扱わるべきであるとあきらめ  何事ももうとくにあきらめ  点がよいからとあきらめ  罪にしてあきらめ  身体だとあきらめ  伊太夫が全くあきらめ  いいかげんにあきらめ  恋愛はあきらめ  話をあきらめ  彼女もあきらめ  若い女のあきらめ  こと、あるいは、あきらめ  牧師はいつもあきらめ  彼がどうしてあきらめ  仕事を見つけて、快くあきらめ  クリストフはあきらめ  彼女はもうあきらめ  ことを申しておりまして、あきらめ  自分もあきらめ  買へぬと聞いてあきらめ  ことにあきらめ  涙だけはあきらめ  そうもあきらめ  だめとあきらめ  こととしてあきらめ  不可能とあきらめ  しかたがないとあきらめ  因縁と思いあきらめ  苦しみ、あきらめ  意志で、あきらめ  疲れた顔にはもはや、いつものあきらめ  民衆のあきらめ  ことは、またよくあきらめ  米友は一気にあきらめ  がんりきもあきらめ  今では、さっぱりとあきらめ  時に思いあきらめ  んだとあきらめ  三昧をあきらめ  校合はあきらめ  馬吉はあきらめ  何と思いあきらめ  鶴石があきらめ  それもあきらめ  世の中をあきらめ  人だとあきらめ  東京にはないので、あきらめ  彼ももうあきらめ  ことを、どうもあきらめ  青年は、とうとうあきらめ  神田は、あきらめ  父さまもあきらめ  キエは、いつもあきらめ  不器用をあきらめ  八丁饑饉といってあきらめ  らいをせずにあきらめ  彼もついにはあきらめ  駄夫はあきらめ  寄つたが、あきらめ  やうであつたが、あきらめ  言ひ捨てて、あきらめ  方もしないので、あきらめ  んだから、もうあきらめ  十は、あきらめ  それから私たちは、いくら考えても分からぬので、もうあきらめ  妥協してあきらめ  つの花は、そう思って、あきらめ  再婚をあきらめ  罰とあきらめ  東京行それ自身さえあきらめ  なかではあきらめ  事なんかあきらめ  旅は、あきらめ  つて仕舞へ、あきらめ  時分は、もうあきらめ  人は捜しつづけて居ましたが、とうとうあきらめ  娘、もうあきらめ  ものは成らぬとあきらめ  頃ではあきらめ  学校はあきらめ  源三郎をあきらめ  萩乃をあきらめ  のであろうと、あきらめ  若松屋も、もうあきらめ  書状を持って来て、何もかもあきらめ  つながりがすっかり知れているらしいのであきらめ  磯五はあきらめ  旅には出たものの、あきらめ  私も潔くあきらめ  夫人はさもあきらめ  運命だとあきらめ  任に非ずとあきらめ  捜索をあきらめ  これはまああきらめ  駄目だったと思って、あきらめ  だめだとあきらめ  あきらめがよかったともいえるが、いくらあきらめようと思っても、あきらめ  是非とも、あきらめ  突破がなかなか苦しいのであきらめ  兵庫白馬へも行きたいと思っていたのであきらめ  そうにないのであきらめ  火がつかず、あきらめ  もんじゃあないとあきらめ  ようにそうあきらめ  それよか、あきらめ  それきりとあきらめ  詮なしとあきらめ  人生をあきらめ  中にあきらめ  仕方がない、とあきらめ  おしまいにはあきらめ  報いだとあきらめ  ナアーンダとあきらめ  細君は照れて、あきらめ  事はもうあきらめ  これもあきらめ  駄目だとあきらめ  菊池はあきらめ  ようにあきらめ  もの、あきらめ  それ以後はあきらめ  証書はあきらめ  がまんをして、あきらめ  俺にはあきらめ  某においてはあきらめ  不運だと思ってあきらめ  揚句、到頭あきらめ  牛丸は、あきらめ  運だと思ってあきらめ  遁走をあきらめ  土居八段はハッキリあきらめ  しかし、どうしても、あきらめ  ものとおあきらめ  天命とあきらめ  命とあきらめ  最後にどうしてもあきらめ  ことだけはあきらめ  往昔とあきらめ  往復して、それでも買わないとあきらめ  さもあきらめ  厭さに、とてもとあきらめ  ぶんを、はっきり知ってあきらめ  島崎はあきらめ  彼等のあきらめ  若しくは自然にあきらめ  練吉についてはあきらめ  不幸だとあきらめ  男はあきらめ  そこをあきらめ  捜査をあきらめ  博士があきらめ  千世子はあきらめ  故をあきらめ  はつきりとあきらめ  ことをはっきりとあきらめ  力はかへり来ずいざあきらめ  今ははやあきらめ  肉體についてはあきらめ  彼女以上、あきらめ  それは、あきらめ  いまはあきらめ  それを試みて、さすがに疲れてあきらめ  何かあきらめ  大鰐温泉はあきらめ  へんに、あきらめ  こんど私がよく探して来て見つからなかったら、あきらめ  十分なりと、早くあきらめ  私はもうあきらめ  源之助は、実にあきらめ  僕はあきらめ  教授はあきらめ  ものと大きくあきらめ  なんでもあきらめ  後生だからあきらめ  首をふり、あきらめ  野口もあきらめ  発表をあきらめ  これは、あきらめ  夫婦もあきらめ  守人はあきらめ  もの、悲しくもあきらめ  敵はないとあきらめ  はずがないと、あきらめ  報いとのみ思いあきらめ  変をあきらめ  身とあきらめ  人間はあきらめ  消息をしらべるのに、何とあっけなくあきらめ  ために悲しみ、あきらめ  ことなどあきらめ  書類をすぐさまあきらめ  地位なんかあきらめ  それであきらめ  自分はあきらめ  縁談をあきらめ  そうもないとあきらめ  仕事はあきらめ  小野はあきらめ  定ならば、あきらめ  私は、もうあきらめ  度毎に思いあきらめ  者とあきらめ  インガは決してあきらめ  次郎はあきらめ  みんなはあきらめ  二人は、探しくたびれ、いつとはなしにあきらめ  ピリイも、もうすっかりあきらめ  結晶である、あきらめ  ものと思って、あきらめ  芭蕉も、あきらめ  気持になったが、あきらめ  次郎もやっとあきらめ  乞食の子供達も、ついにあきらめ  大沢が、あきらめ  小田先生も、あきらめ  疲れたのか、あきらめ  一切をあきらめ  ことなどは思いあきらめ  ほうはさっぱりとあきらめ  ことを繰り返し、あきらめ  慾はあきらめ  おまえはあきらめ  みんながあきらめ  立往生していたが、あきらめ  月日の経つにつれてすこしずつ薄れ、あきらめ  スルメをあきらめ  すつかりあきらめ  さうな、あきらめ  白痴だなどと申してあきらめ  せいか、それとも本当にあきらめ  元気を失い、あきらめ  へとへとになり、それでもあきらめ  だめだ、と、あきらめ  しょうがないと思ってあきらめ  先生は、もうあきらめ  自身としては、まだ決してあきらめ  時にはさっぱりあきらめ  ようでもあるし、さっぱりとあきらめ  かば母もついにあきらめ  はしてゐましたが、たうとうあきらめ  ポン公はあきらめ  正面へと廻ろうとしていたが、あきらめ  予言していたからだといってあきらめ  双方をしてあきらめ  執心でも、おあきらめ  アッサリとあきらめ  彼女を、あきらめ  女をあきらめ  限り、あきらめ  きれいにあきらめ  十郎はあきらめ  母親もあきらめ  廻つてゐたが、それでもあきらめ  画をあきらめ  のだから、あきらめ  八木君は、あきらめ  千代は遂にあきらめ  キレイにあきらめ  旦那はあきらめ  所詮不可能だとあきらめ  妾にはどうしてもあきらめ  こととおあきらめ  運勢いまだ開けずとあきらめ  慰めに来る、あきらめ  簡単にあきらめ  はやくも、あきらめ  細川に早く思いあきらめ  内にとうとうあきらめ  自分ももうあきらめ  アナマロはあきらめ  運命のものとばかりあきらめ  んだが、あきらめ  下を向いていましたが、やっとあきらめ  やつとあきらめ  話は如何したの、もうあきらめ  もうどうにでもなれとあきらめ  日帰りはあきらめ  ところで、始まらないともあきらめ  駄目だ、とあきらめ  美人がおしかけておりますけれど、あきらめ  絶望してあきらめ  うち西洋人たちはあきらめ  百万もらっても、あきらめ  生還をあきらめ  山中隠遁をあきらめ  そのまま家探しをあきらめ  何もかもをあきらめ  絵をあきらめ  罰だとあきらめ  同棲は余儀なく続けられており、あきらめ  無理にあきらめ  断髪をあきらめ  ア仕方がないとあきらめ  女が一度あきらめ  失敗して遂にあきらめ  そうなあきらめ  せいだと、あきらめ  恋をあきらめ  仕事は向かないとあきらめ  限度を知り、あきらめ  みんな、あきらめ  ポローニヤスは、あきらめ  失敗に終ったとしてもあきらめ  何もなしとあきらめ  ことはよろこんであきらめ  話し合いをあきらめ  ことはあらかじめあきらめ  運命になるだろうとあきらめ  ためとあきらめ  それまでとあきらめ  あしたなのだとあきらめ  土地柄とあきらめ  のですからあきらめ  一人とあきらめ  閉口してあきらめ  業報だとばかり、あきらめ  奇なりと思ひあきらめ  灯を見たかったけれども、あきらめ  事を、あきらめ  それを聞いただけでは、あきらめ  利喰いをあきらめ  方ではあきらめ  それを見るなり、あきらめ  もんやと思ってあきらめ  こと、あきらめ  帰り道すっぱり思いあきらめ  悟浄はもはやあきらめ  だめだなあ、と思ってあきらめ  ギンはもうあきらめ  兄も段々あきらめ  なにをあきらめ  心にあきらめ  方便だとあきらめ  いい加減にあきらめ  目的だとあきらめ  溜息を吐いてあきらめ  ことを全くあきらめ  捨つるとあきらめ  小坂部はすぐにあきらめ  無益とあきらめ  ぼつて来なかつたのであきらめ  男だったらあきらめ  二もあきらめ  底に、あきらめ  望みもないとあきらめ  親達はあきらめ  僕はもうあきらめ  鶏がさわぐので、あきらめ  考証はあきらめ  者と称してあきらめ  考證はあきらめ  稱してあきらめ  私は逸早くあきらめ  敵もあきらめ  九太はあきらめ  人々はあきらめ  爲方が無いとあきらめ  殘念には思ひながらもあきらめ  最初から宿命とあきらめ  僕は、あきらめ  のだから、もうあきらめ  おしまいだなと、あきらめ  ことを遂にあきらめ  

名詞

あきらめ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あきらめをもって  あきらめなどの心理を剔抉した  あきらめがつく  あきらめがつきますが  アキラメが流れる  あきらめに達して  あきらめさえすれば  あきらめだけではできない  あきらめとはいいたくありません  あきらめではありますまい  あきらめの平和を感じた  あきらめが出  あきらめで彼の生活にくっついていた  あきらめのいい年寄りもたまには愚痴も小言もいいます  あきらめとに陥らしめる  あきらめをつけるより  あきらめが先にたつて  あきらめあそばせ  あきらめになった  あきらめが首を擡げかけた  あきらめの中に自分を隠しておく  あきらめもつく  あきらめの調子を帯びてゐて  あきらめでありつつも反抗に於て変化を通じて気短かに辛抱する  アキラメを与えている  あきらめに似た  あきらめのいい  あきらめの澱みの底に沈んでゐた  あきらめも付かない  あきらめをつけ  あきらめはしない  あきらめがあり  あきらめとその結果の客観的批評のせいだとは思えない  あきらめをこめた  あきらめをつけて  あきらめをつけていた  あきらめはこの女の最も多く経験している  あきらめと言う  あきらめがさせる  あきらめと言ふ  あきらめがよ過ぎる  あきらめもするが  あきらめをつけた  あきらめをつけなければならぬ  アキラメもシッカリしている  アキラメがあるではないか  あきらめに深くも居坐つて  あきらめだけは余儀なくもっていた  アキラメわるく三四人むれをなして  あきらめのいい人たちは初めから廊下の窓ぎはに竝んで立つてゐた  あきらめの悪い死に  あきらめというのは見ず聞かずの  あきらめが人の涙をかわかし  あきらめの野を呼びよせて  あきらめはしても  あきらめを持つ  あきらめのよい運命に従順な人は及び  あきらめになるだろう  あきらめがつき  あきらめもした  あきらめもあるが  あきらめがついたと見えて  あきらめが早すぎたという  あきらめに住する  あきらめに住すと云う  あきらめなさりませ  あきらめをつけてゐたから  あきらめがないと云われても  あきらめを肯定して  あきらめを敵とする  あきらめと戦ふ  あきらめが出て来て  あきらめを持たせる  あきらめの吐息を衝いて  あきらめがすぐつく  あきらめというものができた  あきらめができた  あきらめもついた  あきらめができていた  あきらめを宿している  あきらめをつけている  あきらめが平生からできている  あきらめができていて  あきらめになるより  あきらめにならなければならない  あきらめの時間を与えて下さいな  あきらめはついていない  あきらめというものが出てくる  あきらめがつかないんで  あきらめはつく  あきらめになり  あきらめをつける  あきらめのよすぎる  あきらめを持つてゐるので  あきらめと思へば  あきらめと生悟りに入ろうとする  あきらめがつくという  あきらめのねんねの唄を歌つてやれ  あきらめの小唄をくちずさみ  あきらめがよかったともいえるが  あきらめがある  あきらめともつかず  あきらめ若い年月をただ工場の埃に埋もれて暮している  あきらめとしてにじみ出す  あきらめになれない  あきらめのいい使用者の側にもありはしまいか  アキラメていなければならない  あきらめがありはしないかと思われたからです  あきらめのいろが  あきらめもするし  あきらめとその悲しさだと私は思ふ  あきらめもついたという  あきらめのつくまで  あきらめを知つてゐる  あきらめにけり  あきらめもつくと  あきらめの他にして  あきらめが何になろう  あきらめに入る  あきらめの世界へおちつく  あきらめが金髪の男たちによろこびを与えた  あきらめの中に沈んで  あきらめを持っている  あきらめの心持ちで運命に従い得る  あきらめの心を持っていたが  あきらめの微笑のうちに与えられた  あきらめのつかない  あきらめの気持ちで申している  あきらめもつくが  あきらめの心が生んだ  あきらめにゃいけませんと二言目には云うと  あきらめをも持つてゐた  あきらめ思うてゐた  あきらめを知っている  あきらめの風が吹いた  あきらめも出て来ましたが  

~ あきらめ[名詞]1
商人らしいあきらめを  しづかなあきらめ  厭世的なあきらめなどの  人々の憤りやあきらめといふ  シマッタというアキラメが  やうなあきらめに  心持ちをあきらめとは  のはあきらめでは  一種のあきらめが  一種のあきらめで  珍らしいくらいにあきらめの  無気力なあきらめの  静かなあきらめの  それがアキラメを  一本気であきらめの  それはアキラメでも  我慢もあきらめも  何事もあきらめの  滅多にあきらめは  運命とあきらめ  無意識のあきらめと  軽蔑とあきらめを  老いのあきらめを  これであきらめが  いくさで死ぬならあきらめも  東京にはあきらめを  ために生きるあきらめを  心得やアキラメも  生き方であるとのあきらめに  ようなアキラメと  ニキビだらけのがアキラメ  消極的なあきらめの  怨みをいうあきらめの  大和はアキラメの  疫病神とあきらめは  ようなあきらめの  一つのあきらめの  部長のあきらめが  太刀打ちが出来ないとあきらめが  ものだとあきらめを  児はあきらめに  ものであらうとあきらめを  私はあきらめを  二把燃やし尽くすまでは帰らないと云うあきらめを  頼りないあきらめの  だれにもあきらめが  果敢いあきらめを  簡単にあきらめを  者のあきらめが  ことではあきらめが  穏健なあきらめが  年月が経ればあきらめという  のだからあきらめは  末にはあきらめを  一つのあきらめを  川柳式のあきらめと  こちらもあきらめが  旦那もあきらめが  しづかにあきらめの  最初からアキラメて  絶対のあきらめと  運命に対してあきらめも  気まかせにさせるあきらめも  駄目とあきらめの  言葉はあきらめ  ままよとあきらめに  たよりをあきらめは  いつか無言のあきらめの  燃料にあきらめの  私にあきらめの  靜寂なあきらめが  人間のあきらめの  

~ あきらめ[名詞]2
弱いあきらめ  悲しいあきらめ  侘しきあきらめ  かえってあきらめ  互にあきらめ  暗いあきらめ  物凄いあきらめ  淋しいあきらめ  概ねあきらめ  こともなげにあきらめ  どうもあきらめ  さびしいあきらめ  案外あきらめ  悲しいアキラメ  そのあきらめ  かなしいあきらめ  ないあきらめ  深いあきらめ  軽いあきらめ  決してあきらめ  まだあきらめ  もはやあきらめ  既にあきらめ  このあきらめ  いろいろあきらめ  ようやくあきらめ  まだしもあきらめ  おとなしくあきらめ  寂しいあきらめ  割にあきらめ  よくあきらめ  断然あきらめ  こんなあきらめ  はかないあきらめ  

複合名詞
一つあきらめ  結局あきらめ  却つてあきらめ  思いあきらめ  あきらめやう  あきらめ等  思つてあきらめ合  あきらめ方  あきらめ心  あきらめたまえ  あきらめすべて  あきらめ顔  半ばあきらめ顔  あきらめ死  あきらめよう  あきらめぢ  半ばあきらめ  あきらめ居候  あきらめ四時頃下山  秋あきらめ  



前後の言葉をピックアップ
昌太郎    明らか  あきらか  明らめ  あきらめ  明らめん  諦め  諦めよ  諦めれ


動詞をランダムでピックアップ
まさり終わらたちのき延べる買い与える照りつけきかせけたてるゆでる弛ま乗っけよ古り集まろ向こ腐る巡り会お考えつく引っつかむ肖る
形容詞をランダムでピックアップ
ものうきにく腹黒いしょぼ俗っぽいとめどなく情なから臭きよわけれ憎けりゃ小賢しく口やかましのろくさくわびし少き苦しかれ正しく薄ら寒き