「あかし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あかし[動詞]
一夜をあかし  そこであかし  鼻をあかし  夜をあかし  金にあかし  心も、泣いて泣いて泣きあかし  旅館にあかし  学生さんと話しあかし  杏はあかし  隙にあかし  何をあかし  たいがい徹宵泣きあかし  暇にあかし  夜半をあかし  殆ど一睡もせずにあかし  三日夜をあかし  まり泣きあかし  一晩もう一度本庁であかし  旅空であかし  らをあかし  シャンパンを飲みあかし  秘密をあかし  仕方をあかし  ひまにあかし  本名をあかし  お母さんにあかし  ベッドに坐って泣きあかし  一晩中語りあかし  場でさめざめと泣きあかし  いつの日か濡れにくるかや、しっぽりと抱いて、あかし  タネをあかし  喞ちあかし  ここにあかし  上金にあかし  ふところに泣きあかし  身上をあかし  と金にあかし  老嬢秘話をあかし  宿で語りあかし  毎日、悲しくて泣きあかし  前に立ちあかし  つの鼻をあかし  呪ひと怒りに泣きあかし  身分をあかし  仔細をあかし  名をあかし  忠誠をあかし  もったいない胸底をあかし  夜を語りあかし  傍であかし  一生懸命に呼びもしたり、探ねあかし  さにあかし  事実をあかし  決心をあかし  さから毎日を泣きあかし  ひと晩じゅうかんがえあかし  一日一晩泣きあかし  カイはながめてあかし  徒然を語りあかし  かたわらで考えあかし  静かに説きあかし  秘密を語りあかし  甚八にあかし  事情をあかし  全部語りあかし  問わず語りにあかし  口をあかし  種をあかし  種もあかし  ダンテにあかし  一夜中一しよに語りあかし  啼てあかし  金子にあかし  ヒマにあかし  ことを言ってあかし  今夜は、呑みあかし  何だか顔はあかし  家系をあかし  三日三晩泣きあかし  しこであかし  

形容詞

~ あかし[形容詞]
南天あかし  種あかし  夜あかし  鳴きあかし  目あかし  松あかし  はなあかし  星あかし  

~ あかし[形容詞]

あかし[形容詞]
あかし岡っ引き  

名詞

あかし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あかしするものであると思って  あかしはあれぞ  あかしも申しませうが  あかしも申しましょうが  あかしや粟をさ  あかしを求めた  あかしだと思っていた  あかしの番号を読んで行かなければならない  あかしは小さな白い蛾のかたちのあかしから出来て  アカシを立てる  あかしとして作歌されつつあると信じます  あかしが立たないじゃないか  あかしを立てるとは  あかしも消さな  あかしを立てる  あかしを消しました  あかしするすべを知らない  アカシを立つる  アカシと見た  アカシをみせないと  アカシがある  あかしの立つまで  あかしを立てれば  あかしもあり得ない  あかしが静かに燃えている  アカシをたてましょう  あかしやの棘ある  あかしがつくる  あかしが点いた  あかしのようにうつくしくかがやいて見えました  あかしの前を通る  あかしの前を通って行く  あかしのやうにうつくしくかがやいて見えました  あかしの前を通つて行く  あかしまでたてた  あかしがかすかに揺れる  あかしをたてておくと  アカシたる切手の如きものに肖像を入れるに際して  あかしいざ起て  あかしをかきたてると  あかしをたてる  あかしの高田のかたにひかり  あかしとして見る  あかしを立てて  あかしを立ててください  あかしを見てから  アカシを立てようと心がけている  あかしやの花さく見れば  あかしやの金と赤とがちるぞ  あかしを立て  あかしを立てていない  あかしを消してもらいたい  あかしとしておくられた  あかしやの禿げた  あかしされる  あかしやの花さく蔭の草むしろねなむと思ふ  

~ あかし[名詞]1
優越をあかし  誓ひのあかし  一つのあかし  ようにあかしの  かたちのあかしから  存在のあかしとして  彼女がうけいれたといふアカシ  身のあかしが  ランプはあかしの  身のあかしを  月をあかしの  セロをとりだしてあかしを  ことをあかし  月もあかしの  篤信のあかしとかいふ  心が近寄っているアカシでも  愛情のアカシ  さのアカシと  ウチであるアカシ  位を譲られたというアカシを  ものだというあかしの  雌牛を買ったあかしを  何のあかしも  赤誠のアカシを  すべてのあかし  宿であかしが  苹果のあかしの  太郎左衛門はあかしまで  仏前のあかしが  国民総意のアカシ  こころはあかし  短檠のあかしを  女のあかしを  歴史のあかしとして  犯人でないというあかしを  あたしのあかしを  令嗣だというあかしを  ことのあかしを  仏壇のあかしを  愛のあかしとして  初めたあかし  へた愛情のあかしで  場合にあかし  こともありあかしやの  

~ あかし[名詞]2
なきあかし  たしかにあかし  そのあかし  赤きあかし  

複合名詞
あかしの  閑あかし  縞あかし  材あかし  目あかし  あかし寒灯  夜あかし  種あかし  あかし花  神あかし  タネあかし  種アカシ  眼あかし岡  岡っ引き目あかし  目あかし岡っ引き  あかしくだ  あかし術策  岸田さんとこ行つてあかし  は種あかし  花あかし  夜あかし状態  目あかし町  あかし磨き  片恋あかし  待あかし  



前後の言葉をピックアップ
  飽かし  紅し  証し  赤石  あかし  明かし  赤し  明し  あかし


動詞をランダムでピックアップ
引っ掻き見交わす高ぶる入り込め威張ろやれる立ち去ら従く迷い俯い寝そべろ涸れる飛びまわろほっとくめしあがら頂い書取っわすれかける思いきれとりのけ
形容詞をランダムでピックアップ
回りくどく近く美しきくろけれいち早く美しから見苦しからぎょうぎょうし生々しかっ骨っぽ角から多けれ残り惜しいういういしく気軽ふがいなく熟柿臭きおっかなかっていた手ぬるい